2010年09月11日

「テレビドラマにおける愛の限界表現」

「テレビドラマにおける愛の限界表現」   朱時卍時

 愛、とはどこまでが愛なのだろう。可愛さ余って憎さ百倍なんてのはよくある話で、愛故の、DV、殺人、無理心中、食人なんてのは小説のみならず現実世界にも起こりうる話だ。実際、犯罪史に目を通してみると、恋愛や家族愛がこじれた結果引き起こされている犯罪が多く見受けられる。たいていが愛故か、愛足りないが故だ。
 「愛故に」と「愛足りないが故」というのは表現上は真逆のことのようだが、真逆どころか同一のものだ。平淡な言葉となってしまうかもしれないが、有り余る愛も、愛の不足も、愛の奇形児のようなものだからだ。あるいは、大きく育って腐りやすくなった西瓜と、キュウリの様に細く育った西瓜の様なものだ。どちらも市場には出回らないし、出回ったところで、販売したスーパーや農協、つくった農家には苦情がいく。
 歪んだ愛はそれと同じだ。ひとたびそれを社会的に肯定してしまったら、いずれは巡り巡って、その愛の形を生み出した社会や、家庭に世論の矛先は向くだろう。それを避けるため、今も昔も、世の中はそうした異常な愛を極力「排除」しようとしている。
 だが、それは肯定しないだけの話ではないか、たかだかそうと分かったら排除しようとしているだけではないか。異常な愛を抱えたものたちは決して、いなくなっているわけではない。市場に出せない西瓜は、農家の裏の畑で朽ちていく運命かもしれないが、確かにそこに存在しているではないか。
 知っていて否定することと、知らずして否定することでは同じ否定でも大きく意味合いが異なる。なぜ市場に並べることが出来ないのかが分からなければ、そのマーケターの腕もたかが知れているだろう。我々は彼らに出会った際、その形や背景を知った上で否定するべきか否かを自身の内で問うていかなければならない。さもなければ、この末法の世にあって最低限保たれねばならないであろう愛のモラル、いわば愛の均衡さえ失ってしまう。歪んだ愛への無知なる否定の反作用として、捨てられた西瓜達の腐臭は近辺住人の生活を浸食するだろう。
 テレビドラマにおいて、このような奇形の愛について検討することは意義あることと私は思う。
 たとえば、世の中の市場に出ている西瓜はすべて綺麗な見た目をしているだろうか。否。日焼けして妙な色合いになっているものもあれば、実際は微妙に三角や四角のものもある。私たちの中にもちょっとした奇形愛は身近に存在しているのである。閉鎖病棟や刑務所という場所に隔離されるほどではないにせよ、近しいものはすぐとなりにいるかもしれないのだ。
 昔、変態扱いされたSMなどに関して言及すれば、時代的なものもあろうが、「ずっとあなたが好きだった」の冬彦さんがSMにいった影響でボンテージを妻にプレゼントするなんてのは、今ではさして妙なことでもなんでもない。「どれほどの人間がそういったものに興味があるか」ということに興味を持たないから、それが表面化しないだけだ。街の飲み屋じゃ、麻縄で女の子を縛るくらいは教養の一環として身につけているオジサンは意外なほど多いし、近年じゃ取引先との接待の「変わり種」として「SMクラブ」は定番になっているともいえる。
 だがこのSMも度が過ぎれば四肢切断や首締めなどに性癖が移行していく場合もある。ただ縄で縛るにしても、逆さ吊りや捕縄術という拷問を兼ねた縛式に変化したりする。ここまでやってしまう人間がいるというのは知っていて損はないはずである。
 だからこそ、公共の電波を利用するテレビで、人はどこまでやったらアウトかを知らしめねばなるまい。昔はそんなことを伝えずとも良かったのかも知れない。だが、この国は今、少子化に瀕している。兄弟が少ない。おまけに家でこもって遊ぶことが多いし、殴り合いの喧嘩をする機会も減った。こんな世の中で育った人間に「人の道」とその外、「外道」の境界線が分かるのだろうか。
 私は思う。こういった人間が増えたとき、増えていく犯罪は自分を「外道」と知らぬものの邪悪な犯罪であると。要は「罪」の自覚なき犯罪者達が増えていくと思うのだ。現に、近年目にする機会が増えてきた世の中の犯罪を考えてみてほしい。「罪」の意識がさしてないような発言を行う犯罪者が多くないだろうか。
 罪を犯す。というのは人としての領域外を侵すということだ。人でなしになることだ。ただ、そこからもとの「人」へ戻ろうとするものには「人」の心がまだあろう。問題なのは、何が「人」の道で領分かが分からない人間だ。彼らはどうかすると一生「人でなし」の心を抱いて生きていくかも知れない。
 ピーター・ブリューゲルという画家の絵に「盲人の行進」というのがある。盲人達が電車ごっこの要領で行進しているが、先頭がつまづいた為に後方の皆がてんやわんやしているという構図の絵だ。「罪」が何か知らない人間はどうかするとこんな状態になりかねない気がして仕方がない。仲間の誰かが道を踏み外したら一緒に「外道」をさまようのではなかろうか。
 盲人が道を歩くなら、杖がいる。彼らに必要な杖は愛である。家族愛、友愛、恋愛、人としてのの愛の領分を知ることである。そのためには、接する人間はもとより、メディアにおいても、その加減を教える役割が必要であろうと思う。これは公序良俗に反するだとか、放送倫理に抵触するから云々なんてのはくだらないことだ。
 なぜなら、なぜそれが「いけない」のか分からない人間がこれからますます増えるからだ。放送しないことで包み隠し、それに何故自分が嫌悪感を覚えるのかと、これからの人々に自問させないことは戦中に報道がとった「逃げ」の姿勢と変わらない。メディア、放送、テレビドラマをもってして、「罪」を知らぬ人々を正さずして、誰が彼らに道を教えるというのだ。親か? 学校か? 法か? この国か? 親がそれを教えられればそれに越したことはない。だが、親が皆尊敬できる存在でないのは尊属殺人が消えた殺人事件からも分かっている。そういう家庭の人間は何をして人の道を知るのだ? 学校、これは親よりもあてにならない。仁愛を説く良い教師もいることにはいるが、特に小中高校では、たいていが腐敗した学校制度に甘んじて、校内でいばり散らしている井の中の蛙が多い。人の道から外れたものが人道らしきものを説いていることもしばしばである。教師という言葉の意にそぐわないものが多いからこれもまた、人の道を教える機関としては役に立たない。法、法における人の道とはモラルの中での最低限度、社会生活を送る程度のものでしかない。犯罪は犯さなくなるのかもしれないが、それは「罪」の意識からではなくただ「刑」を恐れてのことであろうから、人道を教えてくれるものにはなりえない。国、自治体、公民館、そんなところで人道を教えてくれるだろうか。少なくとも私は教わった記憶はない。地域という意味でなら、よく悪ガキを叱るじいさんなどは近所にいたが、最近ではそういった人の道を他人の子供に教えてくれる大人は減った。
 こんな、人と人との関係が希薄化した世界だからこそ、メディアは人のあり方を伝え、考えさせなければならない。そのためには綺麗なものばかりではダメなのだ。濁った汚らしい、目を覆うような惨劇やどぶ川をも見せなくてはならない。禅問答だって酷いことを行って道を説いているのだ。清濁合わせ呑んで初めてものの善し悪しが判断できるというものであろう。それをメディアが視聴者に問いかけることが出来るかどうかが、この国が、世界が、今よりも良くなるか、悲惨になるかを決めることと私は思う。
 この末法の世で、愛の限界を視聴者に問いかけるような作品こそがこれからは現れるべきである。盲人の行進をつくらぬ為に、また、作り手達が盲人の行進をしないように。



☆著作権は朱時卍時に帰属します。無断での複製、転載を禁じます。
posted by 朱時卍時 at 11:28| Comment(0) | 性倒錯 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。