2011年07月14日

「スイカ少女」

データ整理してたら夏らしいショートショートを発掘。

昔アップしたかもだし、

昔のだから少々荒さも目立つけど、

ちょっと原点らしい要素が目立ってたのでアップ。




『スイカ少女』             朱時卍時



 蝉の声が木々の狭間を抜け、流れる清水に溶けていた。
 太陽の眼差しは槍となり、河原の石たちを貫いた。ふと、そんな白昼の川辺の光景に紛れて、川面の淵、少女が一人漂っていた。一糸纏わぬ姿、豊かな髪を泳がせて、冷ややかな川に、とっぷり身体を浸けて、浮かんでいた。
 二つの乳房の間をくぐり、腹部へ、脚部へと伝わっていく水のうねり。そのせいか少女の身体は青ざめて、小刻みに震えていた。唇には紫が差し、頬からは一切の赤みが消えていた。私が少女の顔をのぞき込むと、彼女はゆっくりとその口角をつり上げた。


「アナタのために冷やしておきました」


 私は少女を東京都指定の75リットルゴミ袋に詰め込むと、背負って彼女を持ち帰った。
 私のアパートに着いたとき、少女は長いこと川に浸かってていたためか、呼吸でわずかに胸を揺らすばかり。その身体が動くことはなかった。せいぜいが声をかけると瞬きする程度、ただ、それだけだった。
 私は少女の手を握った。桜色のマニキュアが塗られたその爪から、切れそうな冷気が伝わって、彼女が私のために全身全霊をもって自信の身体を冷やしてくれていたことを知った。
 私は彼女をまな板の上に乗せ、丁寧にその身体を洗ってやった。その引き締まった白い肢体の甘さを引き立てるため、少しばかりの塩を振った。
 そして、仰向けに寝かせた。透き通る肌、青い血筋の浮かんだ彼女の腹部が重力に靡き、無邪気に撓んだ。

 私は包丁を手にした。
「放射状に切らないと甘さが均等に行き渡らない・・・・・・」
 包丁の刃が真夏の太陽の西日を映し、黄昏よりも濃密な香りが少女の腹から沸き上がった。

 彼女をおいしく食べなくちゃ

 私は自分でも驚くほど見事に彼女を切り分けた。苦痛に顔をゆがめることもせず、彼女は安らかな寝顔で解体された。彼女はとっても良い子だった。
 私は少女の右脚を抱くと、先端からぶら下がった少女のもっとも甘い部分を優しく吸った。川に浸かってよく冷えた彼女の肉が心地よく私ののどを包み込んでいった。冷たい肉が私の精神を幸福な世界へと導いていった。

 夏はやっぱり、川で冷やした女の子。ポンと叩いて良く鳴く娘。中身の締まったおいしい娘。

「夏だなあ……」
 公園で線香花火をしながら私はそう呟いた。彼女の左手と手を繋ぎ、天の川を仰ぎ、私はその日、夏を感じた。



                                           「了」



うーん、ラストシーン吉良吉影みたいだなぁ……

佐川君事件とジョジョ4部にはまってた時期に書いていた気がする。

「黄昏よりも濃密な香り」っておいっ。

まぁ、何が言いたいのか分かるけどさ……
posted by 朱時卍時 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。