2011年08月18日

「田舎食堂風”セミチリ”定食」のレシピを考えてみた

先の昆虫食小説「抜殻」で出てきたセミチリの定食を田舎食堂風で考えてみました。

メインディッシュのセミチリはねっとりしたケチャップ味の強い餡に、これまた分厚い衣で量を誤魔化したようなものを想定してみました。

うーん、カルトクッキング。


「田舎食堂風”セミチリ”定食」


蝉 5頭 

片栗粉
タマゴ1個

ネギ(みじん切り) 好きなだけ
ニンニク(みじん切り) 適量
生姜(みじん切り)適量

サラダ油
豆板醤 5グラム。辛いの好きなら10グラム
コチュジャン(あれば)少量
パセリ 少々


ご飯

インスタントの味噌汁

◎「醤油 10グラム・砂糖 20グラム・ケチャップ 60グラム ・片栗粉 15グラム ・コンソメキューブをお湯150ccで溶いたもの」 
混ぜておく

 

 1、蝉を下茹でをして水気をきっておく。
 
 2、蝉に片栗粉をまぶし、溶き卵をくぐらせて揚げる。
 (溶き卵は出来れば卵白を泡立てたもののほうが良い。そしてわざとらしくたっぷりと衣をつける)

 
 3、フライパンにサラダ油を敷き熱する。


 4、ニンニク、生姜、ネギの順に炒める。


 5、豆板醤、コチュジャンを入れ、香ばしい匂いがでてきたら◎を入れる。


 6、程よいところで蝉を入れて絡ませる。


 7、パセリを振って盛り付ける。(下にレタスを引くとより安っぽく、田舎の食堂っぽくなります)

 8、ご飯を大盛りによそい、インスタントの味噌汁をつけたら出来上がり☆

posted by 朱時卍時 at 00:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 昆虫食 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
辛味が加わると取っ付きやすいイメージですね。
ひょっとしてお料理上手!?
Posted by マルコブッチ@前田潤 at 2011年08月18日 02:16
実はそんなに上手くないんですが、最近、昆虫料理をするようになってから、ちょっとだけ上達した気がします
Posted by 朱時 at 2011年08月21日 15:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。