2013年12月10日

和の神秘

DSC_0570-1.jpg先日、縄の演劇を観に行った際、
体験緊縛コーナーにて緊縛師の有末剛先生に縛っていただきました……

縄特有の抱擁感…
どこからか湧く安心感…
高まる鼓動…

ニンジャスレイヤー語録で言うところの、タツジン!ワザマエ!にただただ見とれてしまいました…

もうこれは日本の無形文化財…
和食の次あたりに登録されませんかねぇ…
posted by 朱時卍時 at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。