2013年12月15日

ニンジャスレイヤー

2013_12_15_22_02_02.jpg最近マイブームのニンジャスレイヤーのコミックスが出たと聞いて、早速読んでみました
アメリカンなツイッターニンジャSF小説「ニンジャスレイヤー」…外国人が描く日本、いわゆる「これじゃない」感まみれのニンジャ活劇小説なのですが…小説の時点で日本人ではありえない、かなりビビッドな描写と文体が多用されている印象を受けていたものの、コミカライズされてみるとより一層訴えかけてくるものがありました
コケシマート、マグロツェペリン、クローンヤクザ、トコロザワ・ピラー…小説の時点ではどんなものだろうと思っていたものが、絵になると「これじゃない」感じが…某ラーメン屋風にいえばマシマシでした。
ある意味日本文化の逆輸入、ルネッサンス!「これじゃない」ルネッサンス!
物書きとしても学ぶところが多い作品なので、今後も注目してみようと思います
Wasshoi!
posted by 朱時卍時 at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。