2010年06月05日

天空の老人

「天空の老人」
朱時卍時 

 終の棲家。そういった場所を、人は誰しも求めるものなのだろうか。また、求めなければならないものなのだろうか。少なくとも、最後に自分を受け入れてくれる居場所、安らぎを与えてくれる場所を佐久間藤吉は探していた。
 最近、祖父藤吉の様子がおかしい。初めに気がついたのは孫の雄治だった。
 もう梅雨明けかという時分、その日の東京の天気は荒れていた。突き刺すような日差しが出たかと思えば、黒雲に覆われ突風が吹きすさぶ。庭の木々は揺れ、蝉も鳴くのを止めた。風のうねる音だけがガラス戸越しに伝わってくる。そんな自然の声を聞きながら、藤吉はカタツムリを見つめていた。ガラスの向こう、サッシの辺りにそのカタツムリはいた。体長は5センチほどだろうか、かなり大きなカタツムリだった。海外からやって来た大型の食用カタツムリが都市部で発生しているなんてニュースを昼間テレビでやっていたのを雄治は思い出した。
 巨大なカタツムリが窓のサッシにいるだけでも異様なのに、それ以上に異様なのは籐吉の姿だった。首をゆっくりと傾げては、舌をカタツムリに向けて伸ばす。ガラス戸に舌先が当たると引っ込めて、再び首を傾げる。しゃがみながら、そんなことを何度となく繰り返す籐吉の眼はキラキラと輝いていた。
 偶然にその光景を雄治は見てしまったのだ。以来、窓外に向かって何かを呟くようになった籐吉の姿を見るたび、そのことを思い出さずにいられなかった。カタツムリと籐吉の密談が何度も脳裏をよぎり、『大好きなおじいちゃん』にほの暗い不安の影を差した。
 それから数日後、89回目の誕生日を祝った日の晩、籐吉は家を飛び出し失踪した。一張羅の背広と便所サンダルが一足なくなっていた。一日、二日と籐吉は家に戻らず、捜索願まで出したが一向に見つからないまま一週間が過ぎた。
「もう……だめかもな……」
「あれくらいの年になると、捻挫とかでも死んでしまうっていうけど」
 両親がそんな会話をしているのを聞いて、雄治は苛立ちを覚えながらもどこか納得していた。無事であってほしいと願う一方、胸の奥の片隅できっとそうなのだろうという確信があった。雄治は溜め息をつき、窓の外に目をやった。庭の茂みが夕風に揺れ、かさかさと小さな音を立てた。いや、違う。風にしては不規則に茂みが揺れていた。アジサイの陰から、便所サンダルが覗いていた。しなびた足首がそれに続き、幽かに動いていた。
おじいちゃん? 
そう思ったら、雄治は駆け出していた。庭に裸足のまま飛び出して、茂みの中を覗き込んだ。
そこに、藤吉はいた。右腕全体を大きなカタツムリに飲まれながら恍惚とした表情を浮かべ、土の上に転がっていた。
「おじいちゃん!」
雄治の叫びに反応したのか分からないが、籐吉は表情を崩ささず、涎を垂らして呟いた。
「山を登っていく……でも登るのではなく、いずれ山にならなくては……空にならなくては……私はお空にいきたいのぉおッ!」
「おじいちゃぁあん! !」
 雄治は籐吉の体をゆすった。しかしそれは腕を飲み込んでいるカタツムリの中に効率よく籐吉を送り込むに過ぎなかった。籐吉はなお、幸せそうな顔をしていた。
「……天国を見つけたんだぁ……」
 それが籐吉の最後の言葉だった。2メートルはあろうかというカタツムリに頭を、全身を飲み込まれたからだ。籐吉の体はカタツムリの半透明な皮膚の中で動き回り、カタツムリの頭の辺りを膨らませると、激しく身をよじって、狂ったようにうねらせていた。
 突然、辺りが暗くなった。大きな羽音が聞こえ、籐吉入りカタツムリは巨大な鳥の足に掴まれ、空の彼方へと消えていった。一瞬の出来事に雄治は立ち尽くしていた。けれどしばらくして、自分の祖父を見送ったと実感し、安堵した。雄治は知っていた。籐吉が何になったのか。
 レウコクロメディウム。カタツムリに寄生するこの生き物は宿主の姿を変形させ芋虫に似せる。それは宿主ごと鳥に食べられ遠くへ行くためであり、天へと向かう手段でもある。籐吉は天国へ行ったのだ。鳥に運ばれて。

(おしまい)

☆著作権は朱時卍時に帰属します☆
posted by 朱時卍時 at 12:44| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月29日

男の良し悪しってさ。。。

女の子の絵.jpg

「イイ男」
                            朱時卍時 

 世の中にはルックスが良いにも関わらずモテない男というのがいる。それが何故かと聞かれたら、おそらくその多くは、周りから贅沢な悩みと思われたり、極些細な精神的問題と捉えられてしまう類のものが理由なのだろう。また、そう片付けられてしまう程度のものなのだろう。
 だが、世の中には徹底的に運が悪い、あるいはは不器用だったり、不遇の人間が必ずいる。岡村和行もそんな人間の一人だった。彼には全く「本能」が備わっていなかったのだ。
 どうして自分には彼女が出来ないのか、岡村には全くそのことが理解できなかった。一般的に女性にモテるというような事には一通り手を出した。見かけも一般的な見解でそこそこ良いのだろう、「カッコ良い」と女の子に言われた事もあった。どんな女性にも極力、優しく、出来る限り紳士的に振舞っていたはずだ。それに対して特に分け隔てはなかった。
 なのに何故、時折、殺意めいた視線で自分を見つめる女性がいるのか岡村にはさっぱりだった。その彼女にも優しく接している。にも関わらずだ。
 悩みに悩んだ彼は遂に精神科へと出向いた。
「何故、僕には彼女が出来ないのでしょうか? 25になって一人も出来た試しがありません」
 カルテを手に、溜め息をつくと妙齢の女医は岡村を眺めた。
「見かけは悪くない。学歴もそこそこ。就職先だっていい。お見合いだったら女がほっとかないでしょうね。だけどイイ男ではない……」
 女医は少し微笑むと、メモ用紙とペンを岡村に渡した。
「何でもいいわ。好きなように絵を描いてみて」
 岡村は少し悩み、その部屋にあった水差しをスケッチし、大まかな構図が出来るとそれを女医に手渡した。彼女は嘲笑するかのようにフンと小さく鼻を鳴らした。
「つまらないのよアナタ。好きなようにって言ったでしょ? 抽象画でも何でも思ったように、自由に落書きすればいいじゃない。なのに水差し?」
「いや、何でもいいって言うから……」
 岡村は申し訳ないと言わんばかりに頭を掻きながら上目遣いで彼女を見た。
「確かに上手く描けてる。でも上手いだけ。全然面白くない。こんなんじゃ象がハケ持って描いた方がよっぽどいいわ。アナタには情感が無いのよ。あるのはデータだけ。そんな人間、
誰も好きになりゃしないわ。理性的が人間的なんていうのは中世のおとぎ話――」
 突然、女医が岡村を殴った。唖然とした表情で頬を押さえている岡村に彼女は言った。
「急に意味もなく人を殴ってしまうことがある。これが人間らしいってことよ!」
 結局、岡村は診察料だけ払って精神科を後にした。
 だが、彼は訪れたことで自分が少し変わった気がした。殴られたことで確かに、何かが彼の中で芽生えはじめていた。
 僕が人間らしいと思ってしていた事は、全て、非人間的な事だったというのか? 
 魅力的な男になろうと思ってしていた事は無価値だったのか?
 だとしたら、僕は? どうしたら?
 岡村は再び精神科を訪れ、診察室の扉を開けた。
「どうしたの? そんなに怖い顔して:::」
 先日の女医がちらりと入り口の方に目線をやった。
 一瞬、岡村が視界から消えたかと思うと、生ぬるい吐息が自分の耳にかかっているのを彼女は感じた。岡村がすぐ横にいた。
「僕はイイ男になりますゥウウ!」
「えっ」
 女医は自分の腹部の辺りでライターの火が揺らめいているのを見た。
 次の瞬間、岡村の体が爆散し、岡村の腕や骨片が彼女の体を貫いた。
 吹き飛んだ首でその光景を見た岡村は満足げな表情を浮かべた。自分に「人間らしさ」を教えてくれた女性と一緒に死ねるなんて、自分はなんて「男らしい」「イイ男」 だろうか!
 爆風が吹き止み、炎が部屋で燻る中、岡村の体と混ざり合った女の遺体だけが転がっていた。

〈おしまい〉
posted by 朱時卍時 at 11:15| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月22日

「ようきな人」

「ようきな人」
                                 朱時卍時 

 「さあさあ、押さないで押さないで、ちゃんと皆の分はありますからねぇ……」
 今日も魔女が給食を配る。一週間前、ボランティアとかいう名目でこの幼稚園に居ついた魔女。本名は知らない。たぶん、誰も……。
 給食用トレーの上に、魔女は無造作に裸体の小人を盛り付けた。四、五人の男女の小人が喚き、嘶き、互いの体をまぐわいあっていた。
 やがて園児たちにそれらが行き渡るのを見届けると、魔女は天が食物を与えたことに感謝する歌を口ずさみ、合掌した。
『いただきま〜す』
 園児の声が年長さん「あじさい組」に響き渡り、食事の時間が始まった。愛し合う小人達を引き剥がして頭をかじる、あるいは尻に口をつけて、勢いよく吸い上げる。そうすると中から小人の体内で程よく温められた料理が噴き出してくるのだ。今日のメニューはスパゲッティミートソースに蜂蜜入りヨーグルトだった。
 いたるところで舐めたり、チュバチュバ吸う音が上がり、園児達の顔はソースやヨーグルトにまみれた。卑猥な音に、光景。
 食の喜びに打ち震え、小人を貪る園児達の顔つきが魔女の口元を綻ばせた。
 しかし一人だけ、決して口にしようとしない園児がいた。秋元義弘、五歳の少年はもう、一週間に渡りこの給食を拒否していた。魔女がやって来て園児を幼稚園に監禁し始めたその日から。一日に一度の食事。それがこの給食であるのにも関わらず、彼は拒絶した。
「何で食べないのぉ?」
「みんな食べてるよ、美味しいよぉ?」
 魔女や友人はしきりに彼にこの給食を食すことを勧めたが、彼にはこれを食すことが「過ち」であるという、理由なき確信があった。理性ではなく、本能としての知性がそうさせていた。
「好き嫌いは良くないわ〜。それに、いい加減、死んじゃうわよ?」
 今日も魔女が義弘のもとにやって来た。何としても食べさせたい。そんな思考が、上ずった声と曲線が不自然に張り付いたような眼つきに滲み出ていた。
「今日は義弘くんが食べられるように、特別メニューも用意したの……」
 そう言うと魔女は義弘の給食トレーの横に小皿を置いた。
 小皿の上に、二人の小人が今にも吸ってもらいたい様子で尻を突き出す形で跪いていた。
「……ふぇッ……」
大きさこそ違ったが、それは紛れもなく義弘の両親だった。小皿の上、小刻みに尻を揺らしながらこちらの様子を窺うその顔は、父、芳樹と母、信子に違いなかった。
「……なんで……」
 義弘は芳樹を摘まみ上げると、その顔をまじまじと見つめた。全裸の父親は暴れるでもなく、真っ直ぐに義弘を見詰め返し、頷いた。
義弘は溜め息をつき、次に涙を溜め、芳樹の尻に口をつけると、その内容物を一気に吸い上げた。我が家でよく食べた、ハヤシライスの味が口いっぱいに広がった。
 全てを吸い上げ、父親の体は干からびた。もう一滴もハヤシライスは出なかった。ただ、彼の表情はどこか満足そうだった。
 夫が動かなくなるのを見届けると女の小人は隣の給食トレーの上にいた別の男に抱きついて愛し始めた。義弘は気がついて芳樹を放ると、その女、信子の頭を傍にいた男の体ごとひねり潰した。千切れた体の破片からミートソースとヨーグルトの香りが漂った。
 こういうものなのだ。ふと、義弘は汚れた手のひらを見つめ、そう理解した。いずれ自分もこうなるのだと知った。そしてこの性と戦わなければならないだろうことを予感した。
「よく食べられましたぁ〜」
 微笑みながら自分の頭を撫でる魔女の手に、義弘はほんの少し、人の温もりを感じていた。

(おしまい)

☆著作権は朱時卍時に帰属します。無許可の転載コピーを禁じます。
posted by 朱時卍時 at 11:51| Comment(0) | ショートショート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。